【ベルギーでデビュー戦ゴール!】シント=トロイデンの鎌田大地、移籍早々デビュー弾

socsocセレクション - 9月20日

鎌田大地がヨーロッパの地で再び躍動し始めている。2017年夏の移籍マーケットでブンデスリーガのアイントラハト・フランクフルトに完全移籍したものの、2017/18シーズンでの出場試合は、わずか3試合とほろ苦い海外1年目となっていた。

そして、2018年からは現状打破すべくレンタル移籍でベルギー1部リーグ・シント=トロイデンVVに加入。すると、9月16日に行われた第7節KAAヘント戦でデビューすると、途中出場ながら移籍後初得点を決めて勝利に貢献している。

左サイドで起用された鎌田は、中央からのパスをゴール左側のエリア外で受けると、一人目の相手DFを鋭い切り返しでかわすと、カバーに入った二人目のDFも再び鋭い切り返しで振り切ると、右足で強烈なシュートをファーサイドに突き刺している。

地元紙も絶賛するゴールと22歳にして海外で研鑽を積んでいる若き日本のエースのプレー動画をぜひご覧ください。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=GeWdXcIOQEI
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。