【歓喜それとも怒り!】ローマ監督、同点ゴール後にベンチを殴り手骨折

socsocセレクション - 8月29日

ローマの指揮官エウゼビオ・ディ・フランチェスコがパッション(情熱)を極限の状態で表現している。

8月27日行われたアタランタ戦に3−3で引分けたローマだが、試合内容は納得のいくものではなかった。ローマは、先制したにもかかわらず、前半のうちにアタランタに3ゴールを許し、3−1という苦しい展開だった。しかし、後半に入り、60分にフロレンツィがゴールを決めて1点差に迫ると、82分にはコスタス・マノラスが劇的な同点ゴールを決めて、なんとか3−3とし、勝点1を獲得していた。

そして、試合後に同点ゴールを決めたマノラスよりも多くの注目を集めているのが、監督エウゼビオ・ディ・フランチェスコである。マノラスが同点ゴールを決めると、歓喜とも怒りとも感じられる感情を表現し、ベンチ側面のクリアボードを殴打。左手を骨折する大怪我を負っている。

今回の動画では、ローマの監督ディ・フランチェスコがゴール直後にベンチ側面のクリアボードを殴りつけ、左手を骨折したと思われる瞬間をご紹介。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=YbW9TdL7t_M
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。