【体幹がすごすぎて笑っちゃう!】中田英寿の尋常じゃないフィジカル&ゴール集

socsocセレクション - 18年12月30日

奥寺康彦は、日本人初のブンデスリーガー、三浦知良は、セリエAでアジア人として初めての選手となった。そして、彼らのように海外挑戦し、日本のフットボールをレベルアップさせた選手に中田英寿がいる。

ベルマーレ平塚でプロのキャリアをスタートさせると、1998年フランス・ワールドカップでの活躍が認められ、イタリアのペルージャに移籍し、海外での挑戦を始める。その後、ローマに移籍し、18年ぶりのスクデット獲得に貢献し、パルマ、ボローニャ、フィオレンティーナと渡り歩いた。そして、2005年には、プレミアリーグのボルトンで1年プレーし、プロキャリアの幕を閉じた。なお、ワールドカップには、フランス、日韓、ドイツと3度出場し、まさに日本フットボールが世界で戦えると証明した張本人である。

今回の動画では、そんな中田英寿が見せた強靭なフィジカルに加え、海外での輝かしいキャリアの証明ともなるゴール集をご紹介。思い返してみれば、体幹という言葉が今ほど世の中に定着していない時からコアを意識したトレーニングを先駆者的に行っていたように思われる。中田英寿の体幹がすごすぎて笑ってしまう動画をぜひご覧ください。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=igf5JtUMPjY
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。