【37歳でも衰え知らず!】ワールドクラスDFジョン・テリーのディフェンススキル

socsocセレクション - 3月20日

現在37歳のジョン・テリーだが、そのパフォーマンスは未だに錆付いていないようだ。

UEFAチャンピオンズリーグの最優秀DF賞を2005年と2008年に2度獲得した実績を持つテリーは、今シーズンからイングランド2部のアストン・ヴィラFCにチェルシーから移籍。「(1部リーグで)チェルシーと対戦することは精神的に乗り越えられない。」を理由に、新天地に2部リーグのチームを選んだほどにチェルシーを愛してやまない。

少年時代からチェルシーFCのアカデミー(下部組織)に所属した。トップチームに昇格したての頃は同じポジションにマルセル・デサイーやフランク・ルブーフがいたため出場機会はほとんどなかったが、ノッティンガム・フォレストFCへのレンタル移籍を経て2000-01シーズン、当時の監督だったクラウディオ・ラニエリに重用され出場機会が増加。2003-04シーズンには衰えが隠せなくなったマルセル・デサイーに代わりディフェンスラインを統率した。

イングランド代表、チェルシー、アストン・ヴィラとプレーする先々でキャプテンを任されるほどのすぐれたリーダーシップを持つ。元チームメイトで気迫に満ちたプレーが特徴のフランク・ランパードをして、「男の中の男("a man's man")」と称された。

そんなジョン・テリーのクオリティー高いディフェンススキルをご覧下さい!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=8x4Bs1wDog8
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。