【パパ初戦!】ガラタサライ移籍の長友、決勝ゴール演出

socsocセレクション - 2月9日

今冬の移籍マーケットでガラタサライに移籍した日本代表長友佑都がSNSを通して、移籍後、そして父親になってからの初勝利に喜びを明かしている。なお、長友が所属するガラタサライはトルコカップ準々決勝第2戦でコンヤスポルを下し、準決勝進出を決めた。先発出場した長友佑都は、バフェタンビ・ゴミスの決勝弾をお膳立てし、チームの勝利に貢献している。

1-1で迎えた52分、動画のように長友が左サイドでパスを受けると前方のスペースに大きく蹴り出し、左足でクロスを放つ。相手DFがゴール前でクリアし損ねたところに元フランス代表FWバフェタンビ・ゴミスが蹴り込み、ガラタサライが2-1とリード。

なお、ガラタサライは88分、90分に追加点を決め、4-1で勝利を収めた。この結果、アクヒサルの待つ準決勝へと駒を進めている。

試合後、長友は自身のSNSを通して「ガラタサライで初勝利。カップ戦準決勝進出。妻、息子のためにもかなり気合い入りました!何がなんでも勝利で祝いたかった。」と、新天地での公式戦初勝利の喜びを語っているのに加え、「まだまだ勝負はこれから。親父頑張ります」と続け、先日パパとなったことの喜びを噛み締めている。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=tJexF8rWYQM
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。