【上昇気流!】J1リーグ第21節サガン鳥栖対浦和レッズ戦のハイライト

socsocセレクション - 8月13日

2018年8月11日(土)に行われたJ1リーグ第21節サガン鳥栖対浦和レッズ戦のハイライト動画をピックアップ。

鳥栖は守りの集中力が高く、2試合連続の無失点。浦和の猛攻を封じ、後半セットプレーから挙げた1点を守り抜いた。

序盤から浦和に主導権を奪われた。19分の浦和FWファブリシオのミドルシュートはGK権田が好セーブ。26分にFW金崎が右足でシュートを放ったが、浦和GK西川に阻まれた。38分にはDF吉田が負傷交代した。

鳥栖は劣勢が続いたが、後半8分、CKからMF高橋秀が頭で押し込んで均衡を破った。その後は自陣で守る時間が長くなったが、最後まで集中を切らさず、得点を許さなかった。

2万人近い観衆を歓喜の渦に巻き込んだ。鳥栖は7戦負けなしでベアスタに乗り込んできた浦和の堅守をセットプレーでこじ開け、2試合連続の完封勝利。チームを今季初の連勝に導いたMF高橋秀は「耐えて耐えてワンチャンスをものにできた」と冷静に喜びをかみしめた。

ワンプレーでスタジアムの空気を一変させた。後半8分、MF原川が左CKをファーサイドに供給。「夢生君(FW金崎)、裕二(FW小野)と話し合った戦略通り」といい、相手DFとの競り合いを体をねじって制し、頭で押し込んだ。

「入ったか分からなかったけど、会場の雰囲気で感じた。」と高橋秀。雄たけびを上げながら、右手でゴール裏をあおり、一目散にベンチメンバーのもとに駆け込んだ。

敵将・オリベイラ監督が「こちらが試合を支配し、多くのチャンスをつくった。」と振り返ったように、5月の敵地での一戦と同様、自陣で守る時間帯は長かった。それでも「前の2人が守備のスイッチを入れてくれたから、後ろの選手が守りやすくなった。」と高橋秀。フル出場を続けていたDF吉田の負傷交代にも動揺することなく、一体感のある守備を引っ張った。

前節・C大阪戦の後、高橋秀は「現状に危機感を持ち、お互いに助け合う鳥栖本来の良さを示すことができた。」と手応えを口にしていた。その感触をホーム2連勝という最高の結果で証明し、J2降格圏を脱出した。夏に強い鳥栖が戻ってきた。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=olDxEpD_hR4
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。