【フットボール史上初?】イングランド代表のFWドミニク・ソランケが魅せたバックヒールでのループシュート

socsocセレクション - 11月22日

リヴァプールに所属するU-21イングランド代表のFWドミニク・ソランケが11月20日(火)に行われたフレンドリーマッチのU−21デンマーク戦でその才能の高さを世界に見せつけている。

47分、マンチェスター・シティのフィル・フォーデンが放ったシュートのこぼれ球にいち速く反応したソランケは、ファーストでGK向かって右にボールを運ぶも体はゴールに背を向けた状態になってしまう。しかし、相手エリア内という密集した場所で、いち早くシュートを放つ判断をしたソランケは、バックヒールで本能的にシュートを放った。するとボールは、セービングのために体を投げ出している相手GKの上を越えて、ゴールに吸い込まれている。

この意表をつくソランケのゴールに、解説も「馬鹿げたほど素晴らしい!」と絶賛。相手GKもこのゴールには苦い表情を見せており、悔しさを滲ませている。

なお、試合は、5−1でソランケ擁するU-21イングランドが敵地デンマークで圧勝を納めている。このフットボール史上初の可能性させあるバックヒールでのループシュートをぜひ一度ご覧ください。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=MdK_pVIfKuo
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。