【手堅く6連勝!】セリエA第22節キエーボ - ユベントス戦のハイライト

socsocセレクション - 1月30日

日本時間1月28日に行われたセリエA第22節キエーボ - ユベントス戦のハイライト動画をピックアップ。

前節ジェノア戦を1-0と辛勝して5連勝とした2位ユベントス(勝点53)は、首位ナポリを勝点1差で追走。そのユベントスは3日後にコッパ・イタリア準決勝ファーストレグのアタランタ戦を控える中、キエッリーニやアレックス・サンドロ、マテュイディら一部主力がベンチスタートとなり、バルザーリやストゥラーロ、アサモアらを先発で起用。そしてベンチにはふくらはぎを痛めて約2カ月戦列を離れていたブッフォンが入った。

前節ラツィオに1-5と大敗した13位キエーボ(勝点22)に対し、ユベントスがボールを持って仕掛ける展開となると、10分にドグラス・コスタが右サイドからのカットインシュート、20分にピャニッチがミドルシュートでキエーボを脅かしていく。

膠着状態に陥る中、30分にイグアインが枠内シュートを浴びせたユベントスは、37分に数的優位となる。アサモアを後方から引っ張ったバスティエンに2枚目のイエローカードが提示され、退場となった。追加タイムにはケディラがミドルシュートを浴びせてキエーボを脅かしたユベントスだったが、前半はスコアレスで終えた。

迎えた後半、圧力を強めるユベントスは、52分にストゥラーロに代えてベルナルデスキを右サイドに投入。すると、その直後に左サイドに回ったドグラス・コスタのクロスをマンジュキッチが左足で合わせるも、GKソレンティーノにセーブされる。

なかなか均衡を破れないユベントスに61分、さらに追い風が吹く。カッチャトーレが主審に対して侮辱的なジェスチャーをしたことにより一発レッドカードが提示された。すると67分、ピャニッチの浮き球パスに反応したベルナルデスキがボックス右ゴールライン際からマイナスに折り返すと、ケディラがボレーで蹴り込んだ。

ようやく均衡を破ったユベントスは、ハーフコートゲームを展開。そんな中78分、ラドバノビッチにディフェンスライン裏を取られかけるも、GKシュチェスニーが好飛び出しで防いだ。

そして88分、イグアインにリーグ戦7試合ぶりのゴールが生まれる。ボックス左角からのドグラス・コスタのクロスをイグアインがヘディングで押し込んだ。2-0としたユベントスがリーグ戦6連勝を飾っている。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=rUT3buaMSkQ
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。