【命がけのアルゼンチン・スーペルクラシコ!】ボカ・ジュニアーズのチームバス襲撃の瞬間

socsocセレクション - 11月28日

11月24日(土)に行われる予定だったコパ・リベルタドーレス決勝第2戦リーベル・プレート対ボカ・ジュニアーズ戦は、ボカのチームバスがリーベルのファンによって襲撃され、25日(日)に延期されていたが、事態に変化はなく、ボカの選手複数名がリーベルファンによって撒かれた催眠スプレーなどが原因で体調不良をきたしていたため、結局25日(日)にも開催されず、再び延期となっている。

127年という歴史を持つ両チームの戦いは、南アメリカ最大のライバル同士の一戦の一つであり、“スーペルクラシコ”とも呼ばれているが、コパ・リベルタドーレスの決勝で行われるのは初めてである。なお、コパ・リベルタドーレス決勝の第1戦は、ボカのホームで行われ、2-2の同点で試合は終わっていた。実質、全ては第2戦で決することになり、ボルテージは最高潮に達していた。

そして、迎えた第2戦だったが、ボカのバスが襲撃され、マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティでプレーした経歴を持つカルロス・テベスを含むボカの選手達の体調不良やバスの窓が破壊されたことが原因での負傷の影響もあり、再び延期となっている。

なお、今回の動画では、ボカのチームバスが襲撃され、バスの窓が破壊されるた瞬間をご紹介。まさに、命がけの戦いとも言える壮絶なシーンをぜひご覧ください。これほどまでに厳しい環境がメンタル的にも強く逞しい選手をアルゼンチンが数多く輩出する理由の一つと言えるだろう。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=RR3kVopj8kY
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。