【3−3、大荒れの展開に!】CLグループE第5節セビージャ - リバプールのハイライト

socsocセレクション - 11月22日

現地時間11月21日に行われたチャンピオンズリーグ・グループE第5節セビージャ - リバプールのハイライト動画をピックアップ。

勝者が決勝トーナメントに進出となる大一番、ガイスをセンターバックで起用してきたセビージャに対し、リバプールは開始2分に先制する。コウチーニョの右CKからニアサイドのワイナルドゥムがヘッドで逸らすと、ファーサイドでフリーとなっていたフィルミノが押し込んだ。

そして、再び右CKから先制点と同じ形でリバプールが追加点を奪う。コウチーニョのクロスをフィルミノがヘッドで逸らし、ファーサイドのマネが頭で押し込んだ。

さらに30分、マネがロングフィードに抜け出してボックス左に進入。シュートはGKセルヒオ・リコに止められるも、ルーズボールをフィルミノが押し込んみ、前半を3-0で終えた。

しかし、後半は全く異なる展開となる。エンゾンジに代えてフランコ・バスケスを投入したセビージャが立ち上がりから積極的な姿勢を見せると、右サイドからのバネガのFKをニアサイドのイェデルがヘディングで流し込んみ、51分に1点を返す。

さらに59分、イェデルがボックス内でトラップミスを犯したA・モレーノに倒されてPKを獲得。これをイェデルが蹴り直しとなったPKを沈めて1点差に詰め寄った。その後もフランコ・バスケスの枠内シュートやエスクデロのバー直撃シュートでセビージャが勢い付いていく。

一方、流れの悪いリバプールは2枚代えを敢行。コウチーニョとA・モレーノに代えてジャンとミルナーを投入した。両選手の投入で試合を落ち着かせることに成功したリバプールは、ノリートに代えてムリエル、イェデルに代えてコレアを投入してきたセビージャをいなして3-2のまま逃げ切るかに思われた。

ところが追加タイム3分、左CKの流れからピサーロが左足で押し込んでセビージャが土壇場で追いつき3-3。両軍が勝ち点1を分け合ったことで、グループAはスパルタク・モスクワ(勝ち点6)を含めた三つ巴の決着が最終節に委ねられることとなった。なお、セビージャは最終節をマリボルとのアウェイ戦、リバプールはスパルタク・モスクワとのホーム戦を戦う。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=R2a5ZB-nf_0
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。