【元祖サッカーの神】ディエゴ・マラドーナの曲芸リフティング

socsocセレクション - 9月12日

サッカー界でD10S(ディオス:神)と呼ばれるのはFCバルセロナのレオ・メッシである。しかし、同じくアルゼンチン生まれの選手にかつて「神」と呼ばれた男がいる。その男の名前はディエゴ・マラドーナ。

現役時代はボカ・ジュニアーズ、FCバルセロナ、ナポリなどで多くのタイトルを獲得したのに加え、アルゼンチン代表では未だにメッシも獲得したことないワールドカップを1986年に制覇している。

そして、マラドーナの代名詞といえば、試合前にウォーミングアップ代わりに見せたリフティングである。軽やかなリズムとしなやかなボールタッチ、ボールに磁石がくっついているかのごとく扱う様はまさにボールに愛された男であり、まさにサッカー界の神だった。

今回の動画では元祖サッカーの神であるマラドーナのリフティングをご紹介。ボールではなくフルーツやボトルのようなものでも卓越したリフティングを見せる動画はマストウォッチ!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=iwTmpc6B-FE
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。