【期待の新星!】日独ハーフのアペルカンプ真大がU17日本代表へ初招集

socsocセレクション - 4月22日

トップチームから育成チームまで、合計4人の日本人選手が所属しているフォルトゥナ・デュッセルドルフ。このクラブのU17チームでキャプテンマークを巻いているアペルカンプ真大が、3月にアメリカ遠征を行ったU17日本代表へ初招集されることに!
東京生まれ、東京育ちの日独ハーフは、横浜にあるドイツ人学校に通っていたため、日本語とドイツ語が堪能。中学時代は三菱養和ジュニアユースに所属していたが、15歳のときにドイツ人である父の転勤により、デュッセルドルフへ移り住むことに。トライアウトを経てフォルトゥナ・デュッセルドルフ入団すると、高い技術と戦術眼を武器にメキメキと頭角を現し、今ではU17チームでゲームキャプテンを任されるまでに。日本とドイツの二つのルーツを持つ次世代のハイブリッド型MFが、日本の未来を照らす存在になるかもしれない。そんなアペルカンプ真大の今シーズンのプレー集をご紹介!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=lqZnDv2ipdk
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。