【イングランド育成の名門】サウサンプトンのジュニア向けトレーニング:ボゼッション編

socsocセレクション - 10月19日

ガレス・ベイル、ウォルコット、ララーナ、オクスレード=チェンバレンなど代表クラスの選手を数多く輩出してきたサウサンプトンのアカデミーのトレーニング動画をご紹介。

タイトルには“ポゼッション”と記載したが、広義には“プレッシャーを受けた状況下でのプレー”である。5v4(4人の方がポゼッション)の状況でボール回しをプレーする。5人の鬼側もボールを持っており、プレッシャーの加減を調節しているあたりは興味深い視点だろう。

そして、首を振りスペース、敵の状況、味方の状況を確認することをコーチは意識づけさせておき、周りの状況を確認できていないのであれば、近くにいる味方の選手にボールを渡し、再度動きなおし周りを確認することを促している。

また、トレーニングのレベルを調節するため、2タッチの制限を加える時も必要であれば3タッチ以上してもいいとある程度の柔軟性を持たせるところはより実践を意識した形になっているのではないだろうか。なお、選手のレベルに合わせて鬼の数やタッチ数を調節することでトレーニングのレベルも調節できるので、ぜひともこのトレーニングメニューを有効活用していただければ嬉しい。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=sHCWQJ7-8KE
Keepしたユーザー
1Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。