【フランス代表GKロリス痛恨のミス】スウェーデン代表が決めた50m超ロングシュート

socsocセレクション - 6月14日

6月9日に行われたロシア・ワールドカップ欧州予選のスウェーデン - フランス戦で、フランス代表GKロリスが痛恨のミスを犯し、スウェーデン代表に決勝ゴールを許している。

味方DFからのバックパスを受けたロリスはエリアを飛び出してその処理を行い、ロングキックでクリアしようとしたが、当たり損ねたボールはピッチ真ん中にグラウンダーで転がった。するとスウェーデン代表のオラ・トイヴォネンがこれをダイレクトで跳ね返すと、50m離れたゴールに一直線、ロリスが飛び出していたため無人となっていたゴールに吸い込まれている。

このゴールにより、スウェーデンが逆転勝利し、得失点差でフランスを抜きグループA首位に立っている。

50m超ロングシュートを動画でご覧ください!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=snLgY1x50gQ
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。