【ノイアーを超えるGK?】FCバルセロナのテア・シュテーゲンのセルタ戦でのセーブが恐ろしい

socsocセレクション - 12月3日

2017年12月02日に行なわれたスペイン・リーガ・エスパニョーラ第14節FCバルセロナ - セルタ・デ・ビーゴは2−2の同点で試合を終えている。

試合は、ルイス・エンリケがFCバルセロナの監督を務めていた際にアシストコーチを務めていたウンスエ率いるセルタのイアゴ・アスパスが先制ゴールを奪う。その後、メッシとスアレスのゴールで逆転したFCバルセロナだったが、70分にアスパスが右サイドをえぐると最後はマキシ・ゴメスに冷静にゴールネットを揺らしている。

両チーム合計4得点と観る者にとっては面白い内容になったが、今回の動画では先制ゴールの際にFCバルセロナのGKテア・シュテーゲンが見せたスーパーセーブをご紹介。

右サイドから攻め上がってきたアスパスが左側にいるマキシ・ゴメスにパスを送るとガラ空きのゴールにボールを流し込むと思われたが、テア・シュテーゲンが体を大きく広げ右足で辛うじてセーブしている。リバウンドをアスパスに詰められはしたが、そのセーブは驚異的であり恐ろしささえ覚える。今シーズンは事あるごとにビッグセーブを見せているテア・シュテーゲン、もう世界No.1GKと言っても過言ではないのだろうか?

出典:https://www.youtube.com/watch?v=GAZp0CWoYZE
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。