【今度は痛恨のスコアレスドロー】セリエA第19節、インテル - ラツィオ戦のハイライト

socsocセレクション - 1月4日

現地時間12月30日に行われたセリエA第19節のインテル - ラツィオ戦のハイライトを動画でご紹介!

公式戦3連敗と調子を落としているインテルは、長友が再びベンチに。右サイドには評価を高めている様子のカンセロが入り、左サイドはサントンが務める。まずまずの入りを見せたインテルだが、決定機をつくるには至らない。チャンスがあっても相手GKストラコシャの好守に阻まれ、得点は生まれなかった。

それでも守備は奮闘を見せる。ラノッキアが安定感のあるプレーを見せ、ハンダノビッチはいつもどおりのセーブで守備を引き締めた。0-0で折り返した後半。インテルは57分にボルハ・バレロが鋭いシュートを枠内に飛ばすも、GKの手をかすめたボールはポストに嫌われて得点ならず。60分にはシュクリニアルのハンドをとって主審がラツィオのPKを宣告した。だが、映像を使ってプレーを確認したところ、シュクリニアルのハンドは自身の足に当たってはね返ったボールに触ったもので、意図的ではないというジャッジ。PKの判定は取り消された。時間の経過とともにゴールに迫っていくのはラツィオ。80分には完全にインテルの守備を崩したが、フェリペ・アンデルソンのシュートは枠を外れた。

インテルは終盤、ペリシッチのクロスにイカルディが飛び込む、好調時のような形をつくったが、これもわずかに合わず。ここ5試合で1得点の攻撃は、この日も不発だった。結局、最後までどちらも得点は決まらず、試合は0-0の引き分けに終わった。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Qbrxm4e4PJk
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。