【94分の悪夢!】J1リーグ第19節V・ファーレン長崎対北海道コンサドーレ札幌戦のハイライト

socsocセレクション - 8月2日

2018年8月1日(水)に行われた明治安田生命J1リーグ第19節V・ファーレン長崎対北海道コンサドーレ札幌戦のハイライト動画をピックアップ。

被爆地から平和のメッセージを届ける意味で、選手は千羽鶴が描かれた“平和祈念ユニホーム”を着用して挑んだこの試合に挑んだ。

長崎は、0-1のビハインドで迎えた72分、MF米田隼也(22)がショートコーナーからのこぼれ球を拾い同点。さらに1-2で迎えた88分、新加入のDFヨルディ・バイス(29)の移籍初ゴールで2度のビハインドを追いつく執念を見せた。

だが前回対戦とまったく同じく、後半ロスタイム4分で痛恨の失点。高木琢也監督(50)は「(札幌の戦術を)選手に落とし込み、パスの流れや人の動きはその通りだった。だが質が高く、決められる所で決められた。そこに一番の力の差を感じた。」と肩を落とした。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=p9cJkz43b7o
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。