【ストリートから世界へ!】メスト・エジル、プロキャリアの軌跡

socsocセレクション - 1月30日

幼少期は、金網で囲まれた「サルの檻」と呼ばれるコートでストリートサッカーをしていた。7歳の時に、ゲルゼンキルヒェンにあるクラブでサッカーを始め、2000年から5年間ロートヴァイス・エッセンのユースに在籍し、その後シャルケ04のユースに移ったている。2006年夏にトップチームに昇格し、2006/07シーズン第1節のアイントラハト・フランクフルト戦で17歳にしてデビューを果たした。DFLリーガポカールのバイエル・レバークーゼンとバイエルン・ミュンヘン戦で出場停止であったリンコルンの代わりを務め、以来そのポジションでプレーした。

その後、契約問題でクラブと対立し、2008年1月31日に移籍金430万ユーロでブレーメンへ移籍。2010年南アフリカ・ワールドカップでの活躍後にレアル・マドリードに移籍するまで在籍し、そのピンポイントパス、卓越したドリブルスキル、正確なシュートでトップレベルの選手に成り上がっている。そして、スペインではリーガ・エスパニョーラ、スペイン国王杯、スペイン・スーパーカップのタイトルを獲得している。しかし、2013年にはクラブ最高額とも言われる5000万ユーロでアーセナルに移籍し、現在に至る。


なお、今回の動画ではエジルがドイツでプロキャリアをスタートさせてから現在に至るまでの軌跡をフィーチャーしている。あどけない表情のエジルが、自信に満ちたプレーを見せ、ワールドカップを制覇するまでになったサクセスストーリーを見逃すな!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=_Qz1qxagoWI
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。