【海外サッカー】サッカー史に残る握手拒否TOP20

socsocセレクション - 11月9日

先日行われたチェルシー - マンチェスター・ユナイテッド戦で両チーの監督であるコンテとモウリーニョが握手を交わさなかったことがメディアで取り沙汰されていたが、現代サッカーでは監督同士が試合後に握手をするのも当たり前になっているし、試合前に選手同士が握手をするのもあたり前になっている。

しかし、そんな暗黙のルールを度外視して、敵意をむき出しにする者たちがいる。また、動画に出てくるようにチェルシーのマスコットボーイがリバプールのジェラードにたいして行った握手拒否はなんとも痛烈である。

フェアプレーやスポーツマンシップをお願いしたいものの、サッカーという戦いの中でどうしても敵意むき出しにする本気の選手たちをつい見てしまう。ピッチ内外でバチバチのシーンを見逃すな!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=DmmBP90cADk
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。