【イングランドでのキャップ数120!】ウェイン・ルーニーのイングランド代表最終戦となるUSA戦

socsocセレクション - 11月20日

11月15日(木)にイングランドのフットボールの聖地ウェンブリー・スタジアムで行われたイングランド対USA戦でエヴァートンやマンチェスター・ユナイテッドで一時代を築き、現在はD.C. ユナイテッド(MLS)に所属するウェイン・ルーニーがイングランド代表キャリアに有終の美を飾っている。

58分に投入されたルーニーは、ピッチに入る前にキャプテンマークを渡され、腕にそれをつけてプレーしている。また、ルーニーがピッチに送り出された時には、ジェシー・リンガードとトレント・アレクサンダー=アーノルドのゴールですでに2−0でイングランドがリードしていたが、ルーニーも自身の代表最終戦に華を添えようと、ゴールを狙うも相手GKブラッド・グザンに阻まれ、夢のような終わりとはいかなかった。しかし、ウィルソンが77分に追加点を決めて、最終スコア3−0でイングランドが勝利。ルーニーが代表キャリアに幕を閉じた一方で、ウィルソンは、代表のキャリアの幕開けとなった試合で初ゴールを記録している。

なお、ルーニーがイングランド代表として有終の美を飾った一方で監督サウスゲイトは、前述のカラム・ウィルソンに加え、ルイス・ダンク、アレックス・マッカーシーという3人の選手を代表デビューさせており、イングランドの新時代幕開けを示唆している。

今回の動画では、イングランド対USA戦のハイライト動画をご紹介。ルーニーの雄姿とともに、イングランドの新たなスター達のプレーをぜひお楽しみください。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=QLdtA0m5DLo
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。