【フットボールの美しさ!】オランダ代表キャプテンのビルヒル・ファン・ダイク、母を失ったレフェリーを試合後に慰める

socsocセレクション - 11月21日

現地時間11月19日(月)にUEFAネイションズリーグ・グループリーグ最終節ドイツ対オランダ戦が行われた。試合は、前半20分までに2失点を許したオランダが終了間際の5分で2ゴールを決めて2−2の引分けに終わっている。そして、アディショナルタイムにオランダ代表キャプテンのビルヒル・ファン・ダイクが決めた同点ゴールにより、オランダ代表がロシア・ワールドカップ王者であるフランスを抑えて準決勝進出を果たしている。

しかし、試合後に目を引いたのは、歓喜とは程遠いシーンだった。貴重な同点ゴールを決めたオランダ代表キャプテンのファン・ダイクは、即座に喜びを爆発させることはなく、ルーマニア人レフェリーのオヴィディウ・ハツェガンに歩み寄り、母を失い悲しみに暮れるレフェリーを慰めている。

試合後のインタビューに答えたファン・ダイクは、「彼は、涙を流し、悲しみに暮れていた。そんな彼に私は、気持ちを強く持つんだ。そして、今日の君のジャッジは素晴らしかったと伝えた。些細なことかもしれないけど、彼の助けになるかもしれない」と語っている。

オランダ復権の狼煙を上げ、歓喜に急いでもおかしくない中で、人を思いやる気持ちを忘れないファン・ダイクは、フットボーラーとしても人としても非常に優れていると言えるだろう。"日本サッカー界の父"とされるデッドマール・クラマーの「フットボールは、子供を大人にし、大人を紳士にする」という言葉があるが、まさにその通りだろう。

そんなファン・ダイクのレフェリーへの優しさを今回の動画でぜひご覧ください。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=NWbhIym6mZ8
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。