【最強のニセ9番!】ロベルト・フィルミーノ、2017/18シーズンの全27ゴール

socsocセレクション - 7月21日

UEFAチャンピオンズリーグ準優勝に導いた破壊力抜群なリヴァプールの3トップの一角を担うロベルト・フィルミーノの特徴の一つに守備での多大な貢献がある。

プレミアリーグ公式によれば、フィルミーノの今季タックル数は“62”。これは全体でも20位にあたる数値で、アタッカーとしてはもはや異次元。出場時間数が異なるものの、アーセナルDFシュコドラン・ムスタフィ(61)、トッテナムDFヤン・ヴェルトンゲン(60)、マンチェスター・シティMFフェルナンジーニョ(54)らを凌駕している。

もともとトップ下やサイドのMFだったフィルミーノに、クロップのリヴァプール監督就任という転機が訪れる。2015年10月にドイツ人指揮官がやって来ると、ブンデスリーガのホッフェンハイム在籍時代から“注目していた”というフィルミーノを、CFとして先発起用すると“ニセ9番”として才能を開花させ、リヴァプールの流動的なアタックで大きな役割を果たしている。

ゴールを量産した2017/18シーズンを受けて、対戦相手の警戒レベルはさらに増すことが予想されるが、稀有なストライカーは新シーズンで何ゴール奪えるのか、リヴァプールファンのみならず、多くのフットボール関係者が注目している。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=pSQLfH1wV1A
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。