【森保ジャパン初陣!】南野&伊東が代表初ゴール、日本代表がコスタリカ戦に勝利

socsocセレクション - 9月12日

日本代表の新監督となった森保一とって9月7日に予定されていたチリ戦が北海道胆振東部地震で中止となったため、9月11日に大阪・パナソニックスタジアム吹田で行われた国際親善試合のコスタリカ戦が初陣となった。

17人のメンバーをロシア・ワールドカップから入れ替えるとともに世代交代を図り、平均年齢を3歳若返えらせている。さらに、佐々木翔(サンフレッチェ広島)、冨安健洋(シントトロイデン)、伊藤達哉(ハンブルガーSV)、堂安律(フローニンゲン)など、多くの選手を代表初選出し、競争を刺激している。

そして挑んだコスタリカ戦、森保監督が力を入れていた攻撃の部分では、多くの選手達が果敢なプレーを見せるとともにコンビネーションからシュートにつなげられた場面も多く、評価できる内容だった。実際に、先制点はオウンゴールだったものの、チーム2点目となる南野のゴールは、サイドへの展開から、フリーランでエリア内に侵入した遠藤のクロスからゴールを奪うコンビネーションでのゴールだった。そして、ダメ押しとなる3ゴール目は、右サイドでボールを持った伊東がカットインから左足で振り抜き、豪快にゴールを奪っている。南野と伊東にとっては、これが日本代表初ゴールであり、チームの勝利に加え、嬉しいニュースとなっている。

若さがあるだけに、今後が楽しみな森保ジャパンの初陣をハイライト動画でご紹介。ピッチレベルから選手達のプレーを追った動画をぜひお楽しみください。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=F9GifYjTR1Q
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。