【身体能力の塊!】ダヴィンソン・サンチェスのディフェンディングスキル集

socsocセレクション - 6月12日

弱冠21歳にして、プレミアリーグの名門トッテナムでポジションを掴み取ったダヴィンソン・サンチェスは、コロンビア代表のセンターバックでもある。そして、そのコロンビア代表は、ワールドカップにおいて日本代表と同組グループHであり、注意が必要な選手の一人である。

187cm/81kgながら、抜群の身体能力を誇り、対人守備とスピードに秀でた選手である。カウンターアタックなどで背後に抜け出した相手にも持ち前のスピードで追い付くのに加え、1対1では鋭いタックルで相手を仕留める。

母国コロンビアのアトレティコ・ナショナルで頭角を現し、オランダの名門アヤックスで研鑽を積むと、2017/18シーズンからはプレミアリーグの名門トッテナムに約52億円で移籍している。

21歳ながらプレミアリーグでワールドカップクラスの選手達とのマッチアップも経験しており、ロシア・ワールドカップでもさらなる飛躍が期待される選手であり、コロンビアと同組の日本代表にとっては要注意の選手だ。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=DX9arueCfKk
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。