【プレイバック】マンチェスター・ダービー、その歴史を振り返る。

socsocセレクション - 9月8日

2009/2010シーズン プレミアリーグ第6節

このシーズン、ユナイテッドはクリスティアーノ・ロナウドとカルロス・テベスという得点源の2人が退団。その代役として獲得したのは移籍金0のマイケル・オーウェン。

一方のシティは新たな時代を作るための大型補強を行い、開幕から4連勝。お互い勝ち点12でオールド・トラッフォードでのマンチェスター・ダービーを迎えた。
 
試合はアディショナルタイムまでもつれ込む。

3−3の同点のまま時計の針は90分を回ったが、ここからドラマが生まれる。ライアン・ギグスの針の穴を通すようなパスに反応したのはオーウェン。完璧なファーストタッチから冷静にゴールに流し込んだ。

時間は90分プラス6分。ジャンプをしながら喜ぶサー・アレックス・ファーガソン、第4審判に時計を見せながら抗議をするマイク・ヒューズ。2人の対照的な姿が印象に残るゲームであった。

動画は全得点を含むハイライト。

出典:http://www.youtube.com/watch?v=zQGCKVYPT8Y
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。