【怪物と呼ばれた男】ロナウドがGKをひたすらかわすゴール集

socsocセレクション - 15年10月14日

絶妙のタイミングでディフェンスラインを抜け出して、GKと一対一の場面では必ずといっていいほどシザースでGKをかわしてゴールを量産したロナウド。これほどGKをかわしてゴールを決めた選手も少ないのではないでしょうか。しばらく見ているとGKをかわすのが簡単に思えてしまうほどの錯覚を感じてしまいます。

出典:http://www.youtube.com/watch?v=uVueW6X7TM0

おすすめのコメント6

  • サッカーの歴史の中でも最も凄いストライカーと言っても過言ではない、ロナウド…

    スピード、テクニック、強さを兼ね備えている選手です!

    そんな中、この動画を観て、気づいた事を投稿させてもらいます‼︎

    ①裏を突くヨコタテの動き
    相手DFはロナウドの少しのヨコの動きでマークを受け渡そうとする。そのタイミングでタテの動きで裏を取る

    ②ファーストタッチ
    必ずと言っていいほど自分の利き足である右足の方にボールを置く

    ③GKとの駆け引き
    間合いによりステップワークやキックフェイントで足の止めたり、逆をつく。
    その中で120度ドリブルでGKの触れない、且つその後追いつけない位置にボールを運ぶ

    あのスピードでやられたら、相手GKはなす術がないはず。
    やはりロナウドは本当に凄い‼︎

  • Hiroto

    15年10月14日

    とにかく全てが早い。そして、フィジカル強いから倒れない。たしか、日系ブラジル人との間に子供がいたような。帰化して日本代表に!なんて。

  • オフサイドラインギリギリでパスを受けるトップスピードはDFも置き去り!キーパーをかわす際のカラダを左右に振るフェイントはロナウドしかできない技術じゃなかな。
    自分の強みを知っているからこそなせる技ですね!

  • 抜き去るのはもちろんすごいけど、これほど1対1になれる動きが化け物。プロの中でも身体能力と感覚が別格だったんだろうね。

  • 懐かしい…

  • ダイスケ

    15年10月19日

    なにげなく見ていたらタロウがコメントしてる!!!バレーとのコンビは今でも鮮明に残っているよ!

Keepしたユーザー
23Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。