サッカー史に残る伝説のオーバーヘッド&伝説のハットトリック!!

socsocセレクション - 4月8日

フィーゴの禁断の移籍など、2000-2001シーズンのバルセロナは不振にあえいでいた。2001年6月17日リーガエスパニューラ最終節 バルセロナ×バレンシアの一戦。勝利した方が4位となり、来期のCL出場権を獲得するこの一戦で、リバウドが奇跡を起こした。

まずは前半3分、FKからリバウドの左足が火を噴く。速くて鋭く曲がるFKをゴール左隅に突き刺す。同点に追い付かれるも前半ロスタイム、ゴール正面30mの位置から強烈な低い弾道のミドルシュートをゴールネットに突き刺す。
後半にまた同点に追いつかれ、誰もが諦めかけた後半43分にサッカー史に残る伝説のゴールが生まれる。フランク・デ・ブールロングフィードを受けたリバウドはゴールを背にしたまま胸トラップでボールを高く挙げると、左足でオーバーヘッド。見事ゴールネットに突き刺さり、バルセロナが3-2で勝利し、CL出場権を獲得した。

リバウドの魔法が、最悪のシーズンの最後に奇跡と歓喜をもたらし「カンプノウが揺れた夜」となった。

出典:http://www.youtube.com/watch?v=woqviDjqNG0
Keepしたユーザー
9Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。