【フットボールの核に迫る!】ヨハン・クライフがフットボールの本質を語る

socsocセレクション - 6月9日

2016年3月24日に68歳でこの世を去るまで、フットボール界に選手としても監督としても多大なる影響を与え続けたヨハン・クライフは、次のように語っている。

「子どもの頃、週に3〜4時間アヤックスでトレーニングした。しかし、毎日3〜4時間はストリートでプレーしていた。つまり、どこで自分がフットボールを学んだかわかるだろ?」

「フットボールは楽しくなければならない、さもなければフットボールの意味がない。」

フットボールへの深い愛が伝わって来る。現代フットボールは、移籍金に何十億、何百億と注ぎ込まれ、マネーゲームとなっており、選手達にもそれを支えるものにもフットボールに対する真の愛があるのかわからなくなってきている。

そして、ワールドカップを制覇することはなかったが、「私は1974年のワールドカップ決勝を忘れることはないだろう。1-2で敗れた後、私は茫然自失となっていた。しかし数年後にファンの記憶に残っているのは試合に勝利した方ではなく敗れた我々の方であることを知った。それから数十年を経た今日においても世界中のフットボールファンが、あの時の我々のプレーを賞賛してくれることを誇りに思っている。」というクライフの言葉のようにフットボール史とともに語り継がれることは間違いないだろう。

そんなフットボールを愛したクライフの幼少期を含む貴重動画をご紹介。今の少年少女達のようにスポーツウェアではなく、正装のような格好でプレーしているあたりにインテリジェンスを感じる。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Nkzv6xhaAVE
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。