【F・ランパートが認めた男!】マンC退団のヤヤ・トゥーレ、TOP20ゴール

socsocセレクション - 5月10日

ヤヤ・トゥーレは、2010年にマンチェスター・シティに移籍して以来、3度のプレミアリーグ王者に輝いて今シーズン限りでシティをあとにすることになる。

しかし、ペップ・グアルディオラがシティの監督に就任して以来、満足のいく出場時間が与えられず、今シーズンは、サブとしてわずか9試合のみの出場となっている。しかし、今シーズン以外のタイトル制覇に大きく貢献したのは間違いなく、むしろ必要不可欠な存在だったと言える。

実際、プレミアリーグを代表するMFフランク・ランパートは、ヤヤ・トゥーレをプレミアリーグにおいて対戦した相手の中で最もタフない相手トップ5にあげており、「ヤヤ・トゥーレは、自分のキャリアにおいて対戦した相手で最もタフな選手の5人に入る。彼のピーク時には、彼自身で試合の流れを変えることができた。ロイ・キーン、パトリック・ヴィエラ、ポール・スコールズと同じレベルであり、私がどれだけ彼を評価しているかがわかるだろう。彼は相手の脅威となり、攻撃に参加すればゴールも決めることもできた。また、シンプルにプレーするべきタイミングも心得ており、非常に対戦しずらかった。」と称賛している。

なお、この夏フリートランスファーとなるヤヤ・トゥーレには、イングランドの複数クラブが獲得に興味を示しており、エバートンやバーンリーなどが接触を試みている。

そして、今回の動画ではそんなヤヤ・トゥーレのトップ20ゴールをご紹介。エリア外からでもゴールを決められる能力は優れたMFの証であるのに加え、密集したエリア内でもゴールを奪える技術は同選手の能力の高さを示している。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=-W-OQUzQay0
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。