【まるでリゾートホテル】レアル・マドリードのクラブハウスが桁違いにすごい

socsocセレクション - 15年8月27日

世界一稼ぐサッカークラブ、レアル・マドリード。年間の売上高は日本円でなんと約724億円。世界最高峰の選手たちが所属するチームはクラブハウスもやはり桁違いだった。

出典:http://www.youtube.com/watch?v=B8EpQan3EHo

外観

2005年にオープンしたクラブハウス。サッカークラブが建設したスポーツ施設としては世界最大の練習場シウダード・レアル・マドリード。外観はグレーを基調としたシックなデザイン。

ミニシアタールーム

試合や映画を見たりするとのこと。座席にはしっかりとレアルのロゴがプリントしてあります。

レクリエーションルーム

ビリヤード、卓球、バスケット、プレイステーションなどで選手同士が遊ぶ。

トレーニングプール

施設内には4つのプールと2つの小さな風呂(温水と冷水)、さらにサウナとトルコ式風呂が完備されている。まるでリゾートホテルのプールのようです。

選手個別の部屋

各選手には個別の部屋が割り当てられ、部屋は指紋認証でその選手しか入れないようになっている。

「枕にもロゴが入っているよ!」と興奮するリポーター

部屋の外から見えるのはベルナベウで使用しているのと同じ芝が敷き詰められている練習グラウンドが。芝および人工芝のピッチが10面あり、その中の4面はスタンド(6000席と5000人収容可能の立見スペース)に囲まれている。Jリーグの試合が出来そうですね。

部屋の動画はこちら

レアル・マドリードCF | 公式ウェブサイト

おすすめのコメント4

Keepしたユーザー
7Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。