意地でも右足を使わない名波浩 アウトサイドクロス2連発

socsocセレクション - 11月30日

ボランチの位置から長短のパスを繰り出すゲームメーカー。清水商高時代からジュビロ入団当初までは、攻撃的な位置でプレーする「中盤の王様タイプ」の選手として知られた。しかし、日本代表の加茂周監督に展開力と守備への適性を買われ、ボランチへコンバートされる。以後、代表やドゥンガ退団後の磐田では中盤の底に位置して、ゲームの流れをコントロールする役割を果たした。 ボールタッチやキックのほとんどを左足で行うレフティ。右足ではほとんどボールを扱わず、右サイドに流れた時にでも無理やり左足でセンタリングを上げることもある。「右足はつっかえ棒」「右足でパスを出すときは、むしろゲーム運びがうまくいっていないと見たほうがいい(名波談)」とも語っていた。入団会見では「自分の左足の下にボールがあるときは注目してほしい」と宣言し、引退会見では「『左の名波』『名波の左足』という自分の最も好きなフレーズが14年間で浸透できたのが自信になる」と振り返った。ちなみにJリーグ公式戦において「右足で決めたゴール」はわずかに「1」であった。 今回の動画は意地でも右脚を使わない名波がみれる動画である。

出典:http://www.youtube.com/watch?v=45E461cQXqY
Keepしたユーザー
1Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。