【クラシコ特集】メッシの名を世界に轟かせた圧巻のハットトリック

socsocセレクション - 3月22日

今回のクラシコの特集は、2006-2007シーズンのクラシコを振り返ります。
2007年3月10日に行われたリーガ・エスパニョーラ第26節、バルセロナ×レアル・マドリード。
当時19歳だったリオネル・メッシは、バルセロナの全得点を叩き出し、バルセロナの窮地を救った。
1点目はエトーからの鋭いスルーパスを受けたメッシはカシージャスと1対1を落ち着いてゴール左隅に突き刺した。2点目はロナウジーニョのシュートのこぼれ球にいち早く反応しゴール左隅に突き刺した。
圧巻だったのは3点目。ロナウジーニョのパスをペナルティエリア手前でボールを受けたメッシはトラップでDF二人をかわし、左足を豪快に振りぬき、ゴール右隅に突き刺した。試合は3-3の引き分けに終った。

この活躍によりメッシの名を世界に轟かせた。

出典:http://www.youtube.com/watch?v=eoy6SvTl3PU
Keepしたユーザー
5Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。