ロベルト・カルロス氏「ジダンは監督というよりも先生のような存在」

Sponsored WOWOW|socsoc - 1月8日

レアル・マドリードの新指揮官として注目を一身に浴びているジネディーヌ・ジダン監督に対して、フットボール界の多くのビッグネームがコメントを寄せる中、元ブラジル代表DFのロベルト・カルロス氏からも激励のメッセージが届いた。

ジダン監督がR・マドリードに加入してから引退するまでの5年間、“銀河系軍団”と呼ばれたチームで共に不動のレギュラーとしてプレーしたロベルト・カルロス氏は、スペイン紙『Marca』のラジオ局とのインタビューで、かつてのチームメイトが新指揮官として適任であるとの見解を示した。

出典:WOWOW

「これはフロレンティーノ・ペレス会長による最高の決断だ。会長はついに、知的さをもってジダンを招聘した。彼はモダンな指揮官だ。選手のように発想することができるからね」
ロベルト・カルロス氏はまた、ラファエル・ベニテス前監督からジダン新監督への指揮官交代がチームに良い効果をもたらすと考えているという。

おすすめのコメント1

Keepしたユーザー
12Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。