【ウクライナの新たな至宝!】マンCでペップの薫陶を受ける無名の21歳ジンチェンコのプレー集

socsocセレクション - 5月13日

ワールドクラスのタレント軍団となり、今季のプレミアリーグを制覇したマンチェスター・シティにおいて、いま密かに注目を集めている若手がいる。ウクライナ代表の21歳、オレクサンドル・ジンチェンコ。ここ数カ月で、シティの左サイドバックのレギュラー争いに名乗りを上げた才気あふれる若者である。

そもそもジンチェンコは、U-16からウクライナ代表に名を連ね、長らく“10番”タイプの攻撃的MFとして活躍してきた選手。2015年、18歳でフル代表デビューを飾ると、翌年には祖国の英雄にして現代表監督であるアンドリー・シェフチェンコが保持していた代表最年少ゴール記録を塗り替え、10代にしてユーロ2016出場を果たした。母国では「至宝」と呼ばれてきたエリートである。そしてユーロの直後、彼はロシアのFCウファという小クラブから、シティへと引き抜かれた。

とはいえ、豪華絢爛なシティの陣容の中で、いくら才能があるとはいえ、難しい話であり、1年目はPSVへとローンされ、研鑽を積んだ。

17年夏、引き続き武者修行に出そうというクラブ側の意向を拒否し、ジンチェンコはシティに復帰してポジション争いに挑む道を選んだ。

そこから、トレーニングで目を見張るプレーを見せて指揮官のペップ・グアルディオラにアピールを重ねたジンチェンコは、徐々に“構想外”の立場を脱していく。歴戦のMFヤヤ・トゥレを抑え、プレミアで初めてベンチ入りを果たしたのが昨年11月末のハダーズフィールド戦のこと。その日は出番がなかったが、試合後ジムに直行してトレーニングを行ってる真摯な姿を監督ペップが目撃し、さらに信頼を強めていく。

その後、けが人の影響等でついにジンチェンコに白羽の矢を立つ。交代出場やカップ戦で左サイドバックの“試運転”を終えたジンチェンコが、ついにプレミアで初めて先発機会を与えられたのが、1月20日のニューカッスル戦だった。デルフまでもが負傷欠場したこの試合で、ジンチェンコは“オーディション”に合格する。前半45分間でピッチ上の誰よりもボールに触れ、ペップに「前半の彼は傑出していた。彼が10番や11番だったことを忘れるくらいだった」と言わしめたのだ。

そんな才能に加え、まじめさも兼ね備えるジンチェンコのプレー集を今回の動画でご紹介。今後成長が期待されるのは間違いなく、注目必須の選手である!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=-0n1zX1UEt8
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。