破格オファーで禁断の移籍?ネイマールの市場価値とは。

Sponsored WOWOW|socsoc - 2月19日

レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長が、ネイマールを獲得すべく手を尽くしている。このところ、そんな噂を裏付ける情報が次々と出てきている。

バロンドールの授賞式当日、チューリヒにてネイマールがR・マドリードの関係者と密会したという情報は信憑性が薄かったが、直後にペレスが前代未聞の破格オファー――バルセロナに違約金1億9000万ユーロ(約240億円)、ネイマールには年俸3500万ユーロ(約44億円)、代理人を務める父親には3000万ユーロ(約38億円)の報酬を払う――を提示したというニュースは十分にあり得る話だ。(※1ユーロ=約127円/2月16日現在)

出典:WOWOW

とはいえいくらペレス会長が札束を重ねたところで、本人にR・マドリードに来る気がなければ意味がない。金銭面だけで言えばマンチェスターの2クラ ブやパリ・サンジェルマンも同等かそれ以上の年俸を用意して引き抜きを目指しているという情報も出てきているだけに、その中でネイマールがわざわざ「第二 のフィーゴ」としてバルセロニスタの恨みを買ってまでR・マドリードを選ぶとは考えにくいだろう。

しかし、こうしたライバルクラブのオファー攻勢はネイマール以上にバルセロナにとって悩みの種となっている。

おすすめのコメント6

Keepしたユーザー
7Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。