【スペイン代表】世界を席巻したポゼッションサッカーの秘訣

socsocセレクション - 3月6日

2008年ヨーロッパ選手権、2010年ワールドカップ、2012年ヨーロッパ選手権と長きにわたり世界を席巻したスペイン代表。当時のスペイン代表の最大の武器といえばポゼッションだった。ボール支配率を上げ、ボールを積極的に動かし、機を見て縦パスを入れて相手DFラインを突破する。相手はボールに触ることすらできずにいつの間にかゴールを奪われてしまう。そんな華麗なサッカーにおける秘訣を今回は動画にてご紹介。

1:トライアングルを作る
多くのトライアングルを作るように心がけ、ボール保持者に少なくとも2つのパスコースがあるようにすることで、ボールをより簡単に保持することができる。しかし、最終ラインから前線に進むにつれ、相手ディフェンダーのインテンシティーも増し、スペースが限られることにより、より正確な技術が求められる。

2:スルーパス
ポゼッションの最終目的はあくまでも"ゴールを奪うこと"である。ボールを動かし、相手ディフェンスの組織を崩すことでチャンスを創出する。そのためには、ただパスを回すだけでなく、常に縦パス(決定機創出のチャンス)とゴールを意識しながら、ポゼッションを行う必要がある。。

3:パス&ムーブ
ポゼッションするためには常に相手から離れる必要があるが、止まっていては相手にマークにつかれてしまう。そのため、常にパス&ムーブを繰り返し、スペースを見つけてマークを外す必要がある。また、ボールが目まぐるしく動く中で幾度となくポジション修正、動きなおしが必要となるため、決して体力的に楽なスタイルではない。つまり、ポゼッションサッカーと聞いて"疲れないサッカー"というのは大間違いである。

スペイン代表のプレー動画を参考にし、どのように彼らがポゼッションを行っているのか学んでみよう。サッカーは常に進化しており、このサッカーを打ち破るために新たな戦術が生まれたのも確かだが、サッカーの美しさ、芸術性を世界に示してくれたスペインのポゼッションサッカーは価値のあるものに違いない。

出典:http://www.youtube.com/watch?v=gPH11F5ezuQ
Keepしたユーザー
1Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。