【超絶FK弾!】ゾーンに入った久保建英、U-19アジア選手権・北朝鮮戦で決勝ゴール

socsocセレクション - 10月24日

U-19アジア選手権・グループリーグ初戦の北朝鮮戦、U-19日本代表のFW久保建英の左足から放たれたボールは、美しすぎる軌道を描いて、ゴール左隅に突き刺さった。

そして、キッカーを務めた久保建英本人は、FFKを蹴る瞬間について、「みんな周りでいろいろ言っていましたけど、僕はその声が耳に入ってこないくらい集中していたので、なんか『入るな』と思っていた。基本的にあの位置からファーを狙っても入らないと思ったので、ニアを狙いました。入って良かったです。」と振り替えている。

2-2で迎えた65分、ゴールから約25mの右斜め45度の位置。久保はゆっくりとボールをセットすると、ゴール向かって右隅にボールは吸い込まれている。終わってみれば5-2の大勝の試合だったが、貴重な先制ゴールをアシストし、勝負を分ける決勝ゴールを叩き込んだ久保は、間違いなくこの試合のMVPと言っていいだろう。

ただ、自身の活躍に浮かれることなく、落ち着いた様子で冷静に試合を振り返った。その佇まいは、いかにも久保らしい。一喜一憂せず、目の前のやるべきことに集中し、終わったら冷静に振り返りつつ、次なる戦いに向けて闘志を燃やす。

成長を遂げ続ける久保と共にU-19日本代表がどこまでそん時間を見せられるか注目していただきたい。なお、今回の動画では、久保の超絶FK弾をご紹介。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ibk6HPE0XGo
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。