レアル・マドリードの伝説ラウール氏「バルセロナがCLを制したときは嬉しかった」

Sponsored WOWOW|socsoc - 1月21日

レアル・マドリードの伝説の主将の1人であり、昨年末に現役を引退した元スペイン代表FWのラウール氏が、母国のラジオ局『Cadena SER』とのインタビューで、古巣への強い思いを改めて披露した。

昨年11月、所属していたニューヨーク・コスモスのNASL(北米サッカーリーグ、2部に相当)のチャンピオンシップ(プレーオフ)制覇をもってスパイクを脱いだラウール氏は、R・マドリードへの復帰について正直な気持ちを告白した。

出典:WOWOW

「R・マドリードは常に僕に対して扉を開いてくれている。だが、クラブに戻るにはもう少し時間が必要だ。今は静かに家族と過ごす時期だと感じているからね。とはいえ、もしどこかのクラブで仕事をするなら、私が最優先に考えるのは間違いなくR・マドリードだ。監督、スポーツ・ディレクター、会長など、周囲ではあらゆるポストが挙げられるけれども、私はいかなる選択肢も排除していない」

また、指導者への転身について「現時点ではライセンスを取るつもりはない。ゆっくりと進めて行こうかと思っている」と説明したラウール氏は、選手と監督は全く異なる職業であることを指摘しながらも、将来的にR・マドリードの指揮官を目指す可能性を否定しなかった。

「R・マドリードを監督としてサポートできれば夢のようだ。しかし、

おすすめのコメント1

  • ラウールは至高なプレーヤーでした。人格者でシャルケで同僚になった内田も素晴らしい選手って言ってました。

Keepしたユーザー
15Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。