【すべてを兼ね備えている男】イブラヒモビッチのノールックスルーパス

socsocセレクション - 3月6日

3日に行われたフランス杯、PSG対サンテティエンヌ。ダヴィド・ルイスからボールをイブラヒモビッチがトラップするとサイドのマルキーニョスを見る。
しかし、イブラヒモビッチが選択したのはディフェンスラインギリギリにいたカバーニだった。イブラヒモビッチから見るとカバーニの位置はほとんど視界には入っていないと思われたが、なんとそこにパスを出す。この意表を突くパスにサンテティエンヌのディフェンスは反応が遅れてしまう。これを受けたカバーニは冷静にゴールを決めた。

Keepしたユーザー
1Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。