【相手GKがスローモーション!】ポルトガルの英雄FWエデル、セルフアシスト-バイシクルでの同点ゴール

socsocセレクション - 9月30日

2016年のヨーロッパ選手権決勝で母国ポルトガルを初優勝に導く決勝ゴールを決めたロコモティブ・モスクワのエデルが、再びワールドクラスのゴールを決めて世界中から注目を集めている。

現地時間9月26日に行われたロシア・カップのFCバルチカ戦、強烈なシュート性のパスを受けたエデルは、自分自身でフリックしてボールを空中に上げると、動画のようにそのまま圧巻のバイシクルシュートをペナルティエリア付近から放ってゴールに突き刺している。そして、この予想だにしなかったシュートに相手GKも思わずボールを見送ったあとスローモーションで崩れ落ちている。

なお、エデルのセルフアシスト-バイシクルで同点に追いついたロコモティブ・モスクワは、延長の末に3−2でがy句点勝利を収めている。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=_4Hc-lh4ecQ
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。