L・エンリケ監督、コパ準決勝を警戒「バレンシアは我々に困難を強いてきたチーム」

Sponsored WOWOW|socsoc - 2月4日

バルセロナのルイス・エンリケ監督は現地2日、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝1st Legの前日会見に臨み、ホームにバレンシアを迎える一戦に向けた抱負を述べた。

出典:WOWOW

前回の対戦となった昨年12月5日のリーガ・エスパニョーラ第14節では、ヌーノ・エスピリト・サント監督の解任によりボロ暫定監督が指揮を執ったバレンシアに苦しみ、アウェーで1ー1のドローに終わったバルセロナ。ルイス・エンリケ監督は、バレンシアがガリー・ネヴィル監督の就任に伴い戦い方が変わったことに言及しながらも、これまで同様に難しい試合になると予想した。

「バレンシアはヌーノ監督時代から幾らか戦い方が変わってきている。実際、ボロ暫定監督が率いた前回の対戦では、自陣のペナルティ・エリアをしっかりと固めてカウンターに徹するという守備的な戦い方をしてきた。一方、ネヴィル監督になった今は、中盤でのプレッシングが強くなり、選手のテクニックをベースに素早く攻撃を仕掛けるようになった。いずれにしても、バレンシアはこれまで幾度となく我々に困難を強いてきたチームなので、今回の試合も厳しい戦いになるだろう」

現在、公式戦26試合無敗のバルセロナだが、

おすすめのコメント1

Keepしたユーザー
7Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。