【ホームで圧勝!】2018/19プレシーズン:リバプール対トリノのハイライト

socsocセレクション - 8月9日

8月7日にアンフィールドで行われた2018/19プレシーズン:リバプール対トリノのハイライト動画をピックアップ。

ホームでトリノ相手に3−1と快勝し、その勢いはとどまることを知らない。8月12日にウェストハムとのプレミアリーグ開幕戦を控えるリバプールは、3トップにサラー、マネ、フィルミノを起用。中盤にN・ケイタやファビーニョ、バックラインにファン・ダイクやアーノルド、GKにアリソンを起用した。

ベロッティやファルケ、GKシリグらを起用してきたトリノに対し、立ち上がりからリバプールが押し込む展開とすると、16分にPKを獲得する。サラーが敵陣でボールを奪ってマネがシュートに持ち込むと、マネへのボックス内でのファウルによりPKとなった。しかし、キッカーのファビーニョがゴール左を狙ったシュートは枠を外れ、先制するには至らない。

それでも21分、サラーのパスを受けたフィルミノがDFを切り返しで外してシュートに持ち込むと、ディフレクトしたシュートがゴールに吸い込まれ、リバプールが先制した。

その後もアーノルドのミドルシュートなどでゴールに迫ったリバプールは24分、フィルミノのスルーパスを受けたワイナルドゥムがボックス右からシュートを決めて追加点を奪取した。

しかし31分、デ・シルベストリの鋭い右クロスからベロッティに頭で押し込まれて1点を返されると、ここからトリノにやや盛り返されてしまう。それでも40分にワイナルドゥムの前線への飛び出しで決定機を演出したリバプールが1点をリードしたまま前半を終えた。

後半からGKアリソンとアーノルド以外の9選手を変更し、シャキリやスタリッジを投入したリバプールが引き続き押し込む展開とすると、59分にスタリッジがGKを強襲するシュートを浴びせていく。

その後はこう着状態が続き、終盤の82分にララナのお膳立てからスタリッジが決定機を迎えると、87分に勝負を決定付けた。ボックス手前右からのシャキリの浮き球パスをスタリッジがヘッドで流し込み、3点目を奪った。このまま3-1で快勝したリバプールがプレミアリーグ開幕に弾みを付けている。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=F7EmHRkQr1Q
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。