【シュートまでの意識】驚異のトラップから反転ボレー

socsocセレクション - 15年12月25日

2015年12月17日に行われたコッパ・イタリア5回戦、ラツィオ対ウディネーゼ。ウディネーゼのパナギオティス・コネが決めた先制点が話題に。左サイドからのクロスをゴールに背を向けた状態で右足でトラップ、そして反転して右足でボレーを決める。スペースへの入り方、そしてトラップからシュートまで一連の流れが素晴らしい。
なお試合は2-1でラツィオが逆転勝利をおさめた。

出典:http://www.youtube.com/watch?v=FIL0TVshSAY

おすすめのコメント1

  • kensuke

    15年12月26日

    おー!少し早く入ってしまったけど、リカバリーがすごい!

Keepしたユーザー
12Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。