ビルバオに苦しめられるもラキティッチの一撃ヘッドで沈める

socsocセレクション - 9月8日

リーガエスパニョーラ開幕戦、レアル・ベティスに6-2と好スタートを切ったFCバルセロナ。 第2節の相手は、アスレティック・ビルバオ。 前半5分、メッシからのスルーパスをスアレスが飛び出し、中への折り返しをアルダ・トゥランが押し込むもオフサイド。 その後、テア・シュテーゲンのパスミスからピンチを招いてしまうも、自らのセーブで得点を許さず。 そして、前半21分、スアレスからアルダ・トゥランへとサイドに展開し、クロス。それを走りこんだラキティッチが押し込みバルセロナ先制。 その後は、バルセロナが攻め立てるが、この日のバルセロナは、攻撃に精彩を欠き、このまま試合終了。楽な試合展開とは言えないが、なんとかリーグ2連勝。 ゴールは1点に留まるも今年もバルセロナの攻撃力は圧倒的である。 今年、リーガ連覇なるか注目である。

出典:http://www.youtube.com/watch?v=S2DZMdBWsC4
Keepしたユーザー
1Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。