ジダン新監督初陣は強敵デポルティーボと激突/リーガ第19節Preview

Sponsored WOWOW|socsoc - 1月9日

年末年始の連戦で首位交代劇が行われたリーガ・エスパニョーラ。首位に浮上したアトレティコ・マドリードを2位に転落したバルセロナが2ポイント差で追い、さらに3位レアル・マドリードが2ポイント差、4位ビジャレアルが1ポイント差と続く展開と、タイトルレースは3強から4強による争いへと様相が変わってきた。
前半戦の締めくくりとなる今節は、A・マドリードがアウェーで5位セルタ、R・マドリードがホームで7位デポルティーボ・ラ・コルーニャと、首都の両雄が揃って今シーズン好調のチームと対戦する一方、消化が1試合少ないバルセロナはホームで17位グラナダと格下相手との一戦となる。

また、6位アスレティック・ビルバオがアウェーで9位セビージャと対戦するヨーロッパリーグ(EL)出場権を巡っての強豪対決、10位バレンシアがアウェーで15位レアル・ソシエダと対戦する実力派同士の対戦にも注目が集まり、8位エイバルはホームに12位エスパニョールを迎え撃つ。
なお、これらのうちコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)で既に敗退しているR・マドリードとR・ソシエダを除くチームは、今節を挟む形で同大会5回戦1st Legおよび2nd Legを戦う厳しい日程を迎えている。

出典:WOWOW

ジダン新監督誕生のR・マドリード、今季好調のデポルティーボを迎えて初陣に臨む R・マドリードがホームにデポルティーボを迎える一戦は、好カードが多い今節でも最も注目度の高い試合と言って間違いない。その話題の中心は、何と言ってもR・マドリードのBチームからトップチームの指揮官に昇進したジネディーヌ・ジダン新監督だ。チームはコパ・デル・レイでは不戦敗を喫しているため、今節が新体制での初陣となる。

そのR・マドリードは、年末年始の連戦では、前々節はホームでR・ソシエダに勝利(3‐1)したものの、前節はアウェーでバレンシアとドロー(2‐2)に終わったことで、ラファエル・ベニテス前監督解任の決定打となった。ここまで11勝4分3敗のチームは、4位ビジャレアルに1ポイント差に迫られ、定位置となっている3位の座も危ういが、2位バルセロナとは2ポイント差、首位A・マドリードとは4ポイント差と、十分に追撃できる体勢にある。

一方、今シーズン好調のデポルティーボだが、

おすすめのコメント1

Keepしたユーザー
1Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。