【最強軍団を一蹴】ライーが決めた伝説のフリーキック

socsocセレクション - 15年7月29日

1992年トヨタカップ、サンパウロ対バルセロナ。当時のバルセロナはグアルディオラ、クーマン、ミカエル・ラウドルップ、ストイチコフを揃えドリームチームと称されていた。しかし、そんな最強軍団を黙らせたのがライーのフリーキックだった。

出典:http://www.youtube.com/watch?v=V0JbMJTpfQw

おすすめのコメント1

  • ウマジィ

    15年7月29日

    このフリーキックは憧れて練習したなぁ。少しボールの位置をズラすのはなんでかな?と当時は思っていたけど、大人になって考えたらあれはゴールに向かってより角度をつける為やったんやなぁ。最近のフリーキックといえば無回転が流行りやけどあれは蹴ってる本人もどういう落ち方、曲がり方をするか把握してない感じやからどうも好きになられへん。
    ライー選手もカカみたいで、自分の好きなタイプのブラジル人。プレーもシンプルやし、こんな飛び道具もあって最高や。もっと活躍してほしかったなぁ。

Keepしたユーザー
3Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。