【インテリジェントなパスとは?】シャビ・アロンソに学ぶ優れたパサーの定義

socsocセレクション - 7月8日

リバプール、レアル・マドリード、バイエルン・ミュンヘンというビッグクラブで活躍したシャビ・アロンソは、これまでに多くの攻撃的スター選手達とプレーした経験を持つ。そして、そんな彼が語る優れたパサーの定義とは。

シャビ・アロンソによれば、「受け手に合わせたパスが出せることが重要。」ということである。そして、興味深いエピソードを紹介しながらこれについて語っている。

「あるトレーニングでは、自分の前にディ・マリア、クリスティアーノ・ロナウド、ガレス・ベイルがいたんだ。彼らは、ボールをスペースで受けたいタイプの選手である。その3日後、違うトレーニングでは、アンドレス・イニエスタ、チャビ・エルナンデス、ダヴィド・シルバ、カソルラが自分の周りに味方としていたんだ。彼らはコンビネーションパスを重視し、短いパスを好む。つまり、自分にとっては、誰とプレーしているか考え、適応することが必要なんだ。」

実際、パスの受け手の能力が考慮される場面は少ないように感じられる。例えば、試合中にスペースにパスを出すも、受け手の選手にスピードがなく、ボールに追いつかないということがあるが、指導者は「ナイスボール、アイディアは良かったよ!」と口にしていないだろうか。しかし、それは本当にいいパスなのだろうか。インテリジェントなパサーは、パスの受け手の能力も考慮したパスを出せることがシャビのエピソードからもわかる。

パスの受け手の利き足やポジションよって、右足に出すのか、左足に出すのか、受け手となる選手の特徴に応じて、スペースに出すのか、足元に出すのかが、大きな違いを生み出す可能性もある。インテリジェントな優れたパサーとは、これらの要素を考え、受け手に合わせたパスを出せる選手のことだとフットボール界の頂点に君臨したシャビ・アロンソは語っている。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ueE5GOp0i7c
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。