【25mロケット砲!】マンCのカイル・ウォーカー、豪快ロングシュートでニューカッスル粉砕

socsocセレクション - 9月5日

現地時間2018年9月1日(土)に行われたプレミアムリーグのマンチェスター・シティ対ニューカッスル戦は、ラヒーム・スターリングが試合開始早々8分にゴールを決めて、ホームのシティが試合を有利に進め、圧勝かと思われた。しかし、ニューカッスルも相手の一瞬のスキを突いて30分にイェドリンがゴールネットを揺らし、1−1の振り出しに戻す。

そして、1−1で迎えた後半、試合を動かしたのは、またしてもシティだった。52分、左サイドからボールを持ち込んだスターリングがペナルティアーク付近にいたアグエロにボールを渡すと、ニューカッスルの守備陣を前にエリア内に侵入できず、フリーで待つ右サイドのカイル・ウォーカーにパス。ボールを受けたウォーカーは、ファーストタッチでスペースに勢いよく出て行くと、ゴールから約25mの場所から右足を思い切り振り抜く。するとボールは地を這うようにゴールに一直線で向かい、ボールは左下隅に突き刺さっている。

まさに名将グアルディオラのポゼッション・フットボールとイングランド・プレミアムリーグの豪快さが融合した素晴らしいゴールである。ポゼッションに加え、この飛び道具となれば、対戦相手はさらに頭を悩まさなければならなくなるだろう。

そして、今回の動画では、そのゴールをあらゆる角度からの映像でご紹介。攻撃側だけでなく、守備側の視点でもゴールを見てみると違った発見があるかもしれない。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=F6FAja0Jfk4
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。