【1974年のオランダ代表!】リヌス・ミケルスによるプレス革命

socsocセレクション - 6月9日

イノベーションがなければ、新たな戦術や新たなアイディアを見つけることは非常に難しい。

これはフットボール界にも通じることである。監督リヌス・ミケルス率いる1974年のオランダ代表は、とてつもなく偉大な功績を残したと言って間違いない。狂っている、愚かと表現された彼らのプレスに対するアプローチは、フットボールに革命をもたらした。現代では、皆がペップ・グアルディオラやヨハン・クライフの天才ぶりについて口にする。しかし、フットボール界における革命の原点を辿ると全てはリヌス・ミケルスとクライフを含む1974年のオランダ代表に行き着く。

ボール保持者に対して、2,3人ではなく、ほぼチームの全員がプレッシャーをかけに行き、裏へのロングボールはオフサイドトラップを利用して防ぐことになる。しかし、言うは易く行うは難しである。オフサイドトラップがうまくはまらなかったらと考えると怖くてなかなかできないし、そのエリアを打開されたらと考えるとこれまた二の足を踏んでしまう。だが、当時のオランダ代表は、勇気を持ってそれをやってのけたのだ。まさに、革命である。

動画をご覧いただければ、食べ物に集まる蟻(アリ)のごとく、オレンジ色のユニホームを着た選手たちがボールに群がっている。今見れば、愚かだと思うかもしれいが、当時は画期的な戦術であり、現代のプレッシングフットボールの礎を築いたのである。

フットボール界おけるプレス革命が起こった瞬間の動画をぜひご覧ください。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=o8P-vvLMfns
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。