ジダン、現役最後の試合は最悪な結末に!!

socsocセレクション - 4月25日

ジダンは、2006年ドイツワールドカップを最後にサッカー選手として現役引退することを表明していた。そんなジダン率いるフランスは決勝まで進出した。
決勝はイタリア×フランスの顔合わせとなった。この試合がジダンにとって現役最後の試合となった。ジダンはPKで先制ゴールをあげるも、延長後半5分に事件を起こしてしまった。
ジダンは自陣に戻っていると突然振り返り、マテラッツィに近付き、無言のまま突然胸元へ頭突きを見舞った。もちろん一発退場となり、現役最後のプレーとなった。

ジダンが頭突きを行ったのは、マテラッツィがジダンに対し人種差別発言、家族への侮辱発言をしたことが原因と言われています。

出典:http://www.youtube.com/watch?v=VRZPjAbGi1s
Keepしたユーザー
0Keep

サッカーのおもしろさを広げよう

  • ツイートする
  • 友達追加する

youtubeチャンネル開設しました。登録してね!

関連コンテンツ

見逃すな!今話題のサッカー動画!

無料会員登録して自分だけのサッカーマガジンを作ろう

投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。